スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆様の温かいお心遣いに感謝いたします!

相続の記事にコメントをくださった皆様ありがとうございました

とても励みになります!

そして、色々と教えて下さりどうもありがとうございます!

この場を借りて御礼申し上げます。


弁護士を立てられてしまった以上、素人ではどうにもならないようですね

今は、遺産と特別受益関係の調査中ということで、
向こうからの返事待ちです。


ぼけっちの知り合いに相談したところ、
いざとなったら弁護士を紹介してくださるようですが、
弁護士費用も高額な為、色々と考えてしまいます。

その前にまず、市内の無料法律相談に一度行ってみようと思っています。
予約制なので、早く申し込まないとね!

って、何を相談したらいいのやら

向こうがどう出てくるのか検討すらつかないし・・・。


色々思い返してみると、
叔母たちはでっちあげをすることを前々から計画していたのかもしれません。

お父さんのお通夜の時のことです・・。

叔母A、Bとさぴこは何十年ぶりかの再開となったのですが、

会って5分後・・・

さぴこにいきなり変なことを聞いてきたのです!

「お父さんって、私達に昔から何も言わない人だったけど、
 ぼけっちさんやさぴこちゃんたちにもそうだったの?」

と。


お父さんは、牧師さんのように穏やかな人で、ほとんど怒らない優しい人でした。

だから、

「何も言わない人だったよ」

と答えました。


ですが、今になってみれば、叔母A、Bが言っていた


   「何も言わない人」とは

       =身内のことや日々の出来事を何も話さない人


ということだったのかもしれません。


ぼけっちに対してもこの叔母たちはすごいことを言っていました。

「お父さんがお婆さんの所に来ていたのは、
 家(ぼけっち親子んち)に居たくないから実家に帰ってきているのかと思ってたわよ」

と。

なんだそれ~!?

ですよね・・・。

自分の家で過ごしたいという独り暮らしのお婆さんの為に、
お婆さんの家に通って介護をしていたお父さんだったのですが

ほんとに、死人に口無し状態です


他にも・・・

お婆さんの葬儀の時、
ぼけっち親子は親戚関係の席に入れてもらえず、他人扱いされてしまいました!


だんだん愚痴ブログになってきたー!


愚痴でも言っていないとどうかなってしまいそうなので


皆さまからのコメントを参考に、今後のことを考えて行こうと思います。

いつもほんとにありがとうございます



   ※ コメント蘭はこのままにしておきますが、
     相続に関しての返信は控えさせていただきますので
     ご了承くださいませ(>_<)


スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

弁護士をたてられました!

いつもご訪問ありがとうございます。

ブログの更新がなかなか出来なくて申し訳ありません。


本格的に相続争いに巻き込まれそうです


一応また、相続関係図を載せておきます。 

[ 叔母A&B  対 さぴこ姉妹 ]
相続関係図


今、叔母Bが遺産の全てを握っています


遺産は「現金○○○万円と少し」&「お婆さんの家と土地」だそうです。


叔母Bはお婆さんから「住宅購入資金1000万円」の援助を受けているので
その分 遺産は減らしますよ~という約束事を
お父さんが生きている時に3者で(父、叔母A、叔母B)交わしていました。


で、お父さんが先に他界し・・・。

  お父さんは小脳が萎縮する病気でした。
  脊髄小脳変性症(せきずいしょうのうへんせいしょう)という病気の中の、
  進行が早いタイプの多系統萎縮症(たけいとういしゅくしょう)という病気でした。

  頭はしっかりしているのに、身体が徐々に動かなくなっていき
  最終的には寝たきりで呼吸も自力ではできなくなってしまう病気です。

  症状としてはパーキンソン病の症状に自律神経症状が加わった感じです。

  病気が進行しつつある中、お婆さんの介護の為に
  1週間置きに約10年間、1時間半高速を飛ばして
  通い続けていました。

  病気のせいでお父さんはお婆さんのお世話ができなくなり、
  泣く泣くお婆さんを施設に入れることになりました。

  その後は施設&お婆さんの家から近い叔母Bにお願いすることとなりました。

  施設費の引き落としの為にお婆さんの通帳が必要だからと叔母Bに言われて
  お父さんはお婆さんから託されていた預金通帳2件のうちの1件を渡すことに
  なったのです。
 
  実は、お父さんがお婆さんの介護を余儀なくされた原因は叔母Bにあるのです。
  また、2件目の預金通帳のいきさつ等と合わせて後日書いてみようと思います。


その後、お婆さんが亡くなり相続が開始され、
メールで叔母Bとさぴこが遺産相続の話し合いを持った時、
叔母Bは約束事のことには一切触れず、
そんな約束事はさもなかったかのようにさぴこにメールをしてきたのです。


死人に口無し!ってことですかー!


変だなぁと思い、
お父さんとの約束事はどうなったのかと問うと、
「それを言われるのでしたら、さぴこさんたちの家の改装で母が出した○○○万円はどうなのか!」
と事実無根の言い掛かりをしてきました。
(叔母Bの住宅購入資金の援助額に近い金額を言ってきましたよ!)


いわゆる、でっちあげっていうやつです!

叔母AとBはグルになって、でっちあげをしてきました!


それと、2件の預金通帳を叔母Bが手にしているのですが、
遺産は、「現金○○○万円と少しお婆ちゃんの家と土地です
と言ってきました。

現金の「 ・・と少し 」ってなんですかね~(笑)

現金はタンス預金かなにか!?

通帳はどうなっているのかもわからないし・・・。

預金通帳は勝手に解約してしまったとか!?

不動産も査定してくれているわけでもないし。


色々聞きたいことがありすぎます!


不思議なことに叔母Bは、
住宅購入資金で援助を受けたのは1000万円のはずなのに、
「950万円です」
と言って、50万円勝手に差し引いてきました(笑)


ぼけっちの知り合いに色々話を聞いてみたところ、

「とりあえず現金は、金額を明確にしたほうがいいよ」

と言われたので

叔母Bに

「通帳のコピーを送って下さい」

とメールをしてみました。


メールの返信がなかなか来ないなぁと思っていたところ、

弁護士をたててきたのです!
t_P1300667.jpg

弁護士から通知が来ただけでもビックリなのに、

5人の弁護士が連名で書かれていたので、口から心臓が飛び出そうになりましたよ!

通帳の開示が出来ないってことは、怪しさ満点じゃないですか~!

不安と恐怖でどうかなりそうです

話し合いもせずにいきなり弁護士をたててくるなんて、
卑怯なやり方ですよね・・・。

メールのやりとりの時も
誹謗中傷めいたことをたくさん書かれたし・・・

ちょっと精神的に参ってしまっているので、ブログに力が入れられません。


本当に申し訳ありません


トホホ・・・


畑の様子は、書ける時に随時報告させていただきます 


  ※ コメント蘭はこのままにしておきますが、
    相続に関しての返信は控えさせていただきますので
    ご了承くださいませ(>_<)


テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

妻は相続人になれませんよ~!

相続争いに巻き込まれているさぴこです

今回の相続関係図を書いてみました。
相続関係図

祖父と長男は遠い昔に他界しています。

今回はお婆さんの相続をすることになりました。

お父さんは、お婆さんよりも先に亡くなりました。

なので、孫の「さぴこ」と、「さぴこの妹」が
お父さんの代わりに遺産を受け取ることになるのです。

だから、ぼけっちは妻でありながら、全く関係なくなってしまうのです!!

今回は、おばさんBから攻撃を受けているところです。
(おばさんAはBとぐるになってます)

怖いよぉ~


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ぼけっち親子

Author:ぼけっち親子
場所:静岡県

【ぼけっち(母)】BOKETTI
ここ3年ほど1人で家庭菜園をしていましたが、今は娘のさぴこと一緒に頑張っています!時々おぼけ発言が出てきますよ。天然とも言いますが…。
趣味でカリグラフィーを独学で勉強中です。

【さぴこ(娘)】SAPIKO
週2~3回、実家の家庭菜園のお手伝いに通っています。主に草取り&虫撮り係りです。野菜作りの知識はゼロ。自然や動物が大好きな田舎っ娘です♪


※当ブログは、母である「ぼけっち」と娘の「さぴこ」の2人で更新しています。野菜作りを主に行っているのは母の「ぼけっち」です。

コメントのお返しは、ぼけっちがさせていただいております。

紛らわしくて申し訳ありません!


☆リンクフリー&報告不要です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。