FC2ブログ

引き継がれる命

とても楽しませてくれた

桜のソメイヨシノも先日の風で大分散ったようです

でもこれからは八重桜の出番の様なので

また見に行きたいと思っているぼけっちです 


突然ですが

皆さんはナナフシという虫を見た事がありますか?

街にお住まいの方は見た事が無いと思います 

ナナフシは山にいるものだと思い込んでいました 

ところが4~5年程前から家の敷地内に現れるようになりました!

これにはビックリ 



最初に見たのが

2011年7月
t_2011・7・ナナフシ
茶色のナナフシ

塀にへばりついてました。



2012、13年は、また現れるとは思ってもいなかったので

全く気にしていなかったです

もしかしたら、いたかも知れませんね 

ちょっと残念な気分 




2014年7月
H26/7/24 ナナフシ②
緑色のナナフシ



2014年8月
H26/8/20 ナナフシ②
これは茶色ですね

同じ年に色違いで現れるとはこれまたビックリ 

と言うか 保護色になるんだって

知らなかったわ~ 

脚が1本取れちゃってるしー 


ところで・・・


ぼけっち   :   「 脚をあげてるのはアンテナの変わりかね? 


さぴこ    :    「 はぁ? アンテナ? 

 
             「違うよ! 枝っぽくしてるんだよ


ぼけっち  :     「枝か 



擬態というやつですね 



2015年8月
t_2015.8・ナナフシ
これは身体が少し短くてズングリムックリ体形 

種類が違うんでしょうかね?

身体にトゲがあったし

脚は6本で・・・ん?ん?

この子は触覚が長いなぁ・・・。




そして・・・今年の4月
t_IMG_6888.jpg
脚取れちゃってるよ 

庭の草取りをしていたら

ナナフシの子供がいたんです!



なかなかお目に掛からない虫ですが

こうやって命が毎年引き継がれているんですね~ 


ネットで調べたら

草食性の昆虫

両性生殖

防御手段の一つとして、
敵に襲われた際に脚を自ら切り離す自切を行う種が多い。
失われた脚は、自切が若齡幼虫時に行われたものであれば、
脱皮とともに再生していくが、
成長段階の終わりに近い時期の自切ほど再生され難く、
終齡幼虫・成虫での自切は再生されない

と書かれていました。

このナナフシの子供は脚は再生してくれるかな 



他にも引き継がれる命が誕生していました。

カマキリの子供
t_IMG_6884.jpg

こちらは肉食


ナナフシの子供とカマキリの子供は近い場所にいました 

蜘蛛もウロウロしていました 



ナナフシは木の葉っぱを食べて生きているそうです 

見た目もとっても弱そうで、脚は長いのに機敏そうではないです 

生き抜く為にも肉食性の虫に会わない様に切に願っているぼけっちです






スポンサーサイト



カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ぼけっち親子

Author:ぼけっち親子
場所:静岡県

【ぼけっち(母)】BOKETTI
ここ3年ほど1人で家庭菜園をしていましたが、今は娘のさぴこと一緒に頑張っています!時々おぼけ発言が出てきますよ。天然とも言いますが…。
趣味でカリグラフィーを独学で勉強中です。

【さぴこ(娘)】SAPIKO
週2~3回、実家の家庭菜園のお手伝いに通っています。主に草取り&虫撮り係りです。野菜作りの知識はゼロ。自然や動物が大好きな田舎っ娘です♪


※当ブログは、母である「ぼけっち」と娘の「さぴこ」の2人で更新しています。野菜作りを主に行っているのは母の「ぼけっち」です。

コメントのお返しは、ぼけっちがさせていただいております。

紛らわしくて申し訳ありません!


☆リンクフリー&報告不要です♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR